• カレンダーのアイコン ライン予約
  • 電話のアイコン 03-3737-3530

固定療法

固定してケガの回復を早めましょう

スポーツだけではなく、日常生活の中でもケガをすることは誰にでもあります。

整骨院では、さまざまな固定具を使用しケガをした部分を固定することで、ケガの早期改善をサポートしています。

また、固定療法はケガの早期回復だけではなく、ケガ予防のために利用される場合もあります。

ここでは、整骨院で行われる固定療法についてご紹介します。

固定療法を受ける方によくあるお悩み

  • 転倒して
    捻挫をした

  • 腱鞘炎で
    家事をすることが
    つらい

  • ケガを早期回復して
    スポーツに復帰したい

  • 正しく
    テーピングを
    使用したい

固定療法にはさまざまな種類があります

固定療法はさまざまな種類のケガに対応しており、ケガの種類や状態によって適切な固定療法は異なります。
テーピングや包帯が代表的な固定療法として知られていますが、その他にも多少に固定療法の器具は存在します。

ケガを早期回復させるには、適切に固定療法を行うことが大切です。

 

【 固定療法とは】

 

固定療法とは、損傷した箇所を固定する施術です。
負傷部分を固定してできるだけ動かさないようにすることで、ケガの早期回復ケガの二次損傷を予防します。

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどのケガの際に行われます。

目的と用途に合わせて機能改善を目指していくような施術方法になるため、ケガの原因や状態を確認しながら適切な固定療法の種類を選んで施術を行います。

 

【固定療法の種類】

 

整骨院ではさまざまな種類の固定療法があります。
各種固定具(金属副子、プライトン、キャストなど)も使いながら、テーピングや包帯で固定します。

●包帯

包帯は止血や損傷の保護だけではなく、固定にも使われます。
包帯にはさまざまな種類があるため、適切な種類で正しく巻くことで、高い固定力を発揮することができます。
固定療法で使われる包帯は、非伸縮性の包帯です。

●テーピング

テープを貼るもしくは巻くことで、関節を固定するという固定療法です。
テーピングは種類が多様なので、ケガの原因や目的に合ったテーピングを使用します。
捻挫などで関節を固定する場合には、非伸縮性のホワイトテープを使用することが多いです。

●キネシオテーピング

キネシオテーピングは伸縮性のあるテープです。
「筋肉の補助」「皮下出血の改善」「循環補助」「疼痛緩和」などの効果があるため、ケガの状態や目的を見極めて貼っていきます。

固定療法はケガの早期回復以外の効果もあります

固定療法はケガを早く改善するための目的だけではなく、ケガの予防補強などさまざまな目的で利用されます。
そのため、固定療法で期待できる効果を知り、効果を最大限に生かしましょう。

そうすれば、スポーツや日常生活でも固定療法を活かしてパフォーマンス力を高めることができます。

 

【 固定療法による施術効果】

 

●ケガの早期回復

固定することで患部を安静にすれば、早期の炎症除去が可能です。
そうすれば、痛みの緩和やケガの早期回復が期待できます。

固定療法は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れといったケガに使用されます。
ただ動かないように固定するのではなく、正しく固定をすることが大事です。

●筋肉の疲労の改善

よく使われる部分の筋肉は、疲労しやすくなります。
テーピングをすることで筋肉の柔軟性が高まるため、血行が促進されて疲労物質が流れるようになり、筋肉の疲労が改善されることが期待できます。

●スポーツのパフォーマンス補助

ケガが完全に回復していない状態でスポーツを行えば、プレー中に痛みが生じてしまいます。

固定療法ではケガの部分を保護しながら痛みを除去し、スポーツを行えるようにサポートします。

●精神的な補助効果

同じ部分を何度もケガしていると、「またケガしてしまうのではないか」という不安が生じてしまい、スポーツのパフォーマンスは低下してしまう可能性があります。

固定するとケガの予防にもなるため、ケガの再発の不安を軽減させることで精神的な支えになります。

ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院の【固定療法】

当院では「日常的に起こるケガ」「スポーツで起きたケガ」に対し早期回復、競技復帰、パフォーマンス向上のために固定療法を行います。

固定療法は早期治癒、競技への早期復帰にはとても重要な役割があります。
始めに患者様とカウンセリングをおこない、負傷の原因やケガの状態の程度を確認し適切な処置を選択致します。

骨折、脱臼に対しては「プライトン(ポリエステル樹脂製のギプス)固定」「金属副子」「キャスト」を使用し安静固定を行います。
捻挫も損傷程度を確認し「プライトン固定」「テーピング固定」を行います。

またスポーツなどで起こる軟部組織損傷(肉離れ、打撲、捻挫)に対しては「ホワイトテーピング」「キネシオテーピング」により安静固定をします。
ケガ後に競技復帰や日常生活に戻る際の筋肉・関節のサポートのためにもキネシオテーピングを使用します。

外傷は初期の施術をどれだけ早くおこない患部の安静が取れるかで治癒期間に影響してきます。
また受傷時から経過が空いてしまった場合も施術が必要な時もございます。

分からないことがありましたらご相談ください!

よくある質問 FAQ

  • シップなどで皮膚がかぶれやすいのですが大丈夫ですか?
    伸縮性のテープはかぶれにくいものを用意していますが、個人差がございます。
  • テーピングの貼り方を教えていただくことは可能でしょうか?
    ご教授させていただくことは可能です。
    しかし状態によりテープのテンションや筋肉の走行などプロではないと分からない部分がございますのであまりおススメは致しません。

著者 Writer

著者画像
【院長】佐藤 宏隆(サトウ ヒロタカ)
【所有資格】
・柔道整復師
・分子栄養学実践カウンセラー
・栄養コンシェルジュ二ツ星
【生年月日】 昭和60年5月11日
【血液型】 O型
【出身】 神奈川県横浜市
【趣味】 トレーニング、読書、子どもと遊ぶ、キャンプ
【得意な施術】 手技全般、栄養指導

▼ご来院される患者様へ一言
ここをご覧になったのも何かのご縁かと思います。ご来院お待ちしております♪
 

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院
住所〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目60-1-1F
最寄:JR蒲田駅徒歩7分、東急池上線蓮沼駅徒歩5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
10:00〜
12:00
10:00〜
13:00
10:00〜
13:00
10:00〜
13:00
15:00〜
20:00
15:00〜
19:00
15:00〜
19:00
15:00〜
19:00

【公式】ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院 公式SNSアカウント ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院ではInstagram・LINE・YouTubeを運用中!

【公式】ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院 公式SNSアカウント ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院ではInstagram・LINE・YouTubeを運用中!

【公式】ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中