• カレンダーのアイコン ライン予約
  • 電話のアイコン 03-3737-3530

坐骨神経痛でお悩みの方へ

  坐骨神経痛でよくあるお悩み

  • お尻から足に
    しびれがある

  • 安静にしていても
    足が痛い

  • 立ち続けることが
    難しい

  • お尻が痛くて
    力が入らない

お尻や足の痛み・しびれは「坐骨神経痛」かもしれません

お尻や足の後ろ側にかけて痛みやしびれ症状があると
お悩みではありませんか?

 

こうした痛みやしびれは「坐骨神経痛」が原因かもしれません。
少し歩くと痛みが生じることや、安静にしていても痛みが現れることもあるため、
日常生活に支障をきたす症状だと言えます。

 

つらい坐骨神経痛を緩和・改善するためにも、
原因や適切な対処法について知っておきましょう。

坐骨神経痛におすすめのメニュー Recommend Menu

坐骨神経痛が起こる原因は病気?日常の習慣?

坐骨神経痛は病気の名前ではなく、症状のことを指します。
坐骨神経痛ではお尻から足にかけて痛みやしびれ症状があらわれることが主な症状です。

坐骨神経痛が起こる原因には病気が隠れていたり、日常の習慣の積み重ねで発生していることもあります。

坐骨神経痛の原因や詳しい症状についてみていきましょう。

 

【坐骨神経痛を引き起こす原因について】

 

坐骨神経痛は、神経が何らかの刺激や圧迫を受けることで痛みやしびれ症状があらわれていると考えられます。
坐骨神経痛を引き起こす原因は、「病気」「日常の習慣」に分けることができます。

 

【病気が原因の場合】

 

●腰椎椎間板ヘルニア

椎間板内にある組織が何らかの原因で飛び出してしまい、神経が圧迫されることにより坐骨神経痛を引き起こします。
腰痛が起こることも症状の特徴で、中高年だけではなく若い方にも発症することが多いです。

●変形性腰椎症

腰椎が変性することにより、神経を圧迫してしまう病気です。
坐骨神経痛だけではなく、腰の痛みも生じます。
加齢が原因で生じることが多いため、中高年に発症することが多くなっています。

 

【日常の習慣が原因の場合】

 

●長時間のデスクワーク

長時間のデスクワークでは座ったままの姿勢が続くため、腰に過度の負荷が加わります。
そうすると、筋肉が緊張して硬くなることで血流が悪くなり、神経が圧迫されて坐骨神経痛が生じると考えられています。

●不良姿勢

日常的に姿勢が悪いと、身体の筋肉バランスが崩れることで骨盤にゆがみが生じます。
骨盤がゆがむと身体の土台となる腰には大きな負荷がかかるようになり、腰周りの筋肉が緊張しやすくなります。
そして、緊張して硬くなった筋肉や血流不良が神経を刺激することで、坐骨神経痛が生じると考えられます。

●筋力低下

加齢運動不足で筋力が低下すると、筋肉や関節の柔軟性が低下します。
そうすると、血流が悪くなることで神経も圧迫されるようになり、坐骨神経痛が生じやすくなります。

 

【坐骨神経痛の症状】

 

坐骨神経は、腰から足にかけて伸びている神経の1つです。
その神経が何らかの刺激や圧迫を受けることで生じる症状のことを坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛の主な症状には次のものが挙げられます。

●お尻から足の痛み

坐骨神経は腰から足にかけて伸びているため、お尻から足にかけて痛みの症状があらわれます。
痛みの度合いには個人差がありますが、長時間歩いたり立っていると痛みが強くなることが多いです。

●お尻から足のしびれ

太ももからお尻にかけてしびれが伴うことがあります。
ビリっと電気が走ったようなしびれと同時に痛みが走ることや、デスクワークをしているとお尻がしびれてくるといったことがあります。

●腰の痛み

腰椎椎間板ヘルニアなど基礎疾患が原因の場合、腰に痛みがあらわれます。
椎間板ヘルニアはデスクワークやドライバー、立ち仕事など腰に負担が多くかかるような仕事をしている方に生じやすいと言われています。
比較的、中年層に発症することが多いですが若い方でも発症します。

 

坐骨神経痛を緩和して快適な日常を取り戻しましょう

坐骨神経痛が生じると、痛みしびれで歩くことや動くことがつらくなります。
そのため、仕事や家事など日常生活にも支障をきたすようになってしまう可能性があります。

坐骨神経痛の症状を少しでも緩和するためには、症状があらわれている時に適切に対処することが大切です。

また、つらい坐骨神経痛を繰り返さないようにするために予防法についても知っておきましょう。

 

【坐骨神経痛の対処法】

 

坐骨神経痛は、筋肉の緊張血行不良が原因で神経が刺激を受けて症状があらわれていると考えられます。
そのため、筋肉の緊張をゆるめることや、血流を改善することで症状の緩和が期待できます。

●筋トレを行う

筋力が低下することで筋肉の柔軟性が失われ、神経を刺激している可能性があります。
腹筋周りや臀部周りをトレーニングすれと坐骨神経の近くの血行促進や、筋肉の柔軟性を高めることが期待でき、坐骨神経痛の緩和にもつながると考えられます。

●患部周辺を温める

慢性的に痛みがある場合には、患部周辺を温めましょう。
温めることで血行が促進され、痛み物質が流されることで痛みの緩和が期待できます。

また、筋肉の緊張もほぐされるため、神経の圧迫の改善にもつながります。
入浴をすることで腰や足など全身を温められますが、冬場は冷えやすいのでカイロなども使用し入浴時以外は温めるようにしましょう。

●ストレッチを行う

ストレッチは、血行の促進や、緊張した筋肉の柔軟性を高めることが期待できます。
坐骨神経は腰から足にかけて伸びているため、とくに腰やお尻、足のストレッチをしっかりと行うようにしましょう。

 

【坐骨神経痛の予防法】

 

坐骨神経痛が生じると、外出することが億劫になってしまいます。

家事や仕事にも影響が出てしまうため、坐骨神経痛が生じないように予防したいものです。

坐骨神経痛の予防方法には、次の方法が挙げられます。

●姿勢を改善する

日常の姿勢の悪さは腰に大きな負荷を与え、筋肉の緊張や血行不良を引き起こし、そこから坐骨神経痛が生じている場合があります。
猫背反り腰など姿勢が悪い場合には、背筋を伸ばすことを意識しましょう。
また、座る際には坐骨で座ることを意識してみてください。

●ストレッチを習慣的に行う

運動不足や加齢に伴い、腰から足の筋肉の柔軟性が低下すれば、坐骨神経痛が生じやすくなります。
日頃から腰やお尻、足のストレッチをしっかり行い、筋肉の柔軟性を高めることや血行促進を行うことが坐骨神経痛の予防になります。

また、長時間同じ姿勢が続くデスクワークなどでは、同じ姿勢が続くことで筋肉が緊張しやすくなっています。
こまめに休憩を挟み、姿勢を変えることや簡単なストレッチで筋肉をほぐすようにしましょう。

●筋力を高める

筋力が低下すれば負荷に耐えることができず、筋肉の緊張や、組織の変性が起こりやすくなります。
その結果、坐骨神経が圧迫を受けて坐骨神経痛が現れることもあります。
腰周りやお尻の筋肉などをしっかりと鍛え、負荷に耐えられる健康な身体作りを目指しましょう。

ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院の【坐骨神経痛】アプローチ方法

当院では神経症状に効果のある鍼灸施術を中心に行っていきます。

椎間板ヘルニアの場合には腰部坐骨神経の通り道での圧迫による梨状筋症候群では主に各原因部位にアプローチしていきます。

また当院では鍼にパルス(低周波電気)をかけ電気を流して神経促通の回復を促していきます。
周波数を変えることで効果を出していきます。
同時に神経ラインにお灸を合わせ血行を良くしていきます。

またお尻の筋肉が衰えてくると筋肉の弾力性が低下し圧迫されやすくなってしまいます。
場合によっては股関節周りのトレーニングストレッチを組み合わせ改善していきます。

坐骨神経痛の原因はさまざまで、患者様の状態によりアプローチポイントも変わって参りますので、お気軽にご連絡ください。

著者 Writer

著者画像
【院長】佐藤 宏隆(サトウ ヒロタカ)
【所有資格】
・柔道整復師
・分子栄養学実践カウンセラー
・栄養コンシェルジュ二ツ星
【生年月日】 昭和60年5月11日
【血液型】 O型
【出身】 神奈川県横浜市
【趣味】 トレーニング、読書、子どもと遊ぶ、キャンプ
【得意な施術】 手技全般、栄養指導

▼ご来院される患者様へ一言
ここをご覧になったのも何かのご縁かと思います。ご来院お待ちしております♪
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院
住所〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目60-1-1F
最寄:JR蒲田駅徒歩7分、東急池上線蓮沼駅徒歩5分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
10:00〜
12:00
10:00〜
13:00
10:00〜
13:00
10:00〜
13:00
15:00〜
20:00
15:00〜
19:00
15:00〜
19:00
15:00〜
19:00

【公式】ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院 公式SNSアカウント ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院ではInstagram・LINE・YouTubeを運用中!

【公式】ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院 公式SNSアカウント ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院ではInstagram・LINE・YouTubeを運用中!

【公式】ひらいはりきゅう整骨院 蒲田院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中